杉田和博官房副長官の評判は?在任期間最長記録を更新!詳細を調査!

国会

菅政権の下で内閣官房副長官を務められている杉田和博(すぎた かずひろ)氏。

新型コロナウイルスのオリンピック・パラリンピック選手への優先接種をオフレコ懇談で漏らした?で話題に上がった杉田和博内閣官房副長官。

杉田和博内閣官房副長官の評判は?経歴やプロフィールは?

杉田和博内閣官房副長官の評判、経歴やプロフィールについて調査してみましたのでご紹介します。

杉田和博氏経歴やプロフィール

1941年4月22日 埼玉県生まれ

1959年? 埼玉県立浦和高等学校卒業

1966年東京大学法学部卒業

1966年 警察庁入庁

~警察庁・警視庁数々の役職を歴任

1993年 神奈川県警察本部長

1994年 警察庁本部局長

2005年 世界政経調査会会長

2012年より 内閣官房副長官 現在に至る

1941年生まれということで、もうすぐ80歳になられます。

高校は埼玉県一の浦和高等学校です。

警察庁・警視庁でたくさんのキャリアを積まれてます。

官房副長官ですが、2012年からずっと務められています。

在任期間最長記録を更新

しれっと感ありますが、在任期間の最長記録を更新したそうです。

御年80歳・・・色んな意味で凄いですね。

杉田和博氏経歴やプロフィール 評判


2012年から長らく官房副長官を務められています。また、だいぶご高齢になってきました。しかし、警察庁出身ということもあってか、あまり噂が出回っていません。

ただ、トップの官僚は、「温和な性格」と「高い調整能力」が必須条件とか。

経歴もエリートですし、「温和な性格」と「高い調整能力」は持ち合わせていると考えられます。

ただ、だいぶ高齢で長らく官房副長官のポストにいるので、疑問視する声もあるようです。

まとめ

以上、杉田和博内閣官房副長官についてまとめました。

いかがでしたでしょうか。

引き続き、新しい情報が入り次第更新していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

キラリ麹の炭クレンズ生酵素

コメント

タイトルとURLをコピーしました