京阪沿線物語きずな屋のロケ地はどこ?場所やアクセスもご紹介!

ドラマ

真夜中ドラマ「京阪沿線物語」の舞台となった民泊「きずな屋」。

趣のある、古民家・・・

井町潤(小西桜子さん)や創介(中村俊介さん)をはじめとする民泊を利用する者同士での会話ややり取り、、、温かい雰囲気を感じますよね♡

きずな屋のロケ地はどこ?京阪沿線ではない!?

京阪沿線物語きずな屋の所在地やアクセスも併せてご紹介します♪

【京阪沿線物語】古民家きずな屋のロケ地はどこ? 場所について

昭和の風情溢れるこちらの古民家は、

Fululu古民家山岸邸-飯能の家- ということが判明しました。

京阪沿線ではなく、関西圏でもなく、埼玉県西部にある飯能市にあります。

完全予約制の古民家スタジオで、テレビメディアから個人的な撮影まで、
様々な撮影のロケ地として使われているようですね!

”昭和のおばあちゃん家のようなスタジオ”確かに、きずな屋も見ているとつい緑茶が飲みたくなるような・・・笑

”おばあちゃん家”感ありますよね^^

京阪沿線物語古民家きずな屋のロケ地は? 山岸邸へのアクセスは?

西武池袋線飯能駅 から徒歩25分
タクシー5分程度

閑静な住宅街に位置しています。

近隣には寺社や川が流れている自然豊かな土地です。

自然環境も古民家の雰囲気をより醸成させているのでしょう^^

程よく都会にも近くて、田舎のような雰囲気も兼ね備えている、トカイナカなのかもしれませんね。

まとめ

以上、【京阪沿線物語】古民家きずな屋のロケ地、Fululu古民家山岸邸~飯能の家~をご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

キラリ麹の炭クレンズ生酵素

コメント

タイトルとURLをコピーしました