長谷部誠の実家はお金持ち?元日本代表主将の実家や地元について調査!

スポーツ

ブンデスリーガ「アイントラハト・フランクフルト」に所属し、元日本代表主将の長谷部誠選手。

名前の通り、誠実な人柄でファンのみならず、チームメイトからも愛されている長谷部誠選手ですが、実家はお金持ちなのでは?という情報がちらほら見られます。

果たして、長谷部誠選手の実家はどのようなお家なのでしょうか。

長谷部誠選手の実家について調査してきましたので、ご紹介します。

長谷部誠の実家はお金持ちなのか?プロフィールについて

名前:長谷部誠(はせべ まこと)

生年月日:1984年1月18日

出身地:静岡県藤枝市

身長:180㎝

体重:73㎏

所属:浦和レッズ→ヴォルフスブルク→ニュルンベルク→フランクフルト

 高校卒業と共に、浦和レッズへプロ入りをすると、3年目からレギュラーとして活躍しました。J1優勝や、アジアチャンピオンズリーグ優勝など、数々のタイトルを獲得し、2008年に満を持してドイツブンデスリーガのヴォルフスブルクへ移籍を果たしました。

 ヴォルフスブルクでも早々にレギュラーを獲得し、ブンデスリーガ優勝や、UFFAヨーロッパチャンピオンズリーグ出場にも貢献しています。その後、ニュルンベルク、フランクフルトとドイツの強豪チームを渡り歩き、37歳になった現在も現役で走り続けています。

長谷部誠の実家はお金持ちなのか調査!

長谷部誠選手の実家は静岡県藤枝市にあります。

調べていくと、長谷部選手の実家はなんと、10代も続いている旧家なんだとか。

旧家とは、特定の地域に代々住み続け、その土地での社会的地位を築いてきた家に対して使われる言葉です。

代々、何か事業をやっていたのかなどの詳細については有力な情報は得られませんでしたが、その土地で成功をおさめた商人の家を指して「旧家」が使われることもあるので、実家はお金持ちである可能性が高いと言えそうです。

詳細についてはわかり次第追記していきたいと思います。

長谷部誠の実家がある藤枝市はサッカー大国

長谷部誠選手の実家がある藤枝市は人口14万人の静岡市に次ぐ人口の都市で、「蹴球都市藤枝」と呼ばれるほど、サッカーとの関わり合いが強いのです。

その熱狂ぶりは、仕事があるにも関わらず、仕事を丸投げして地元のサッカーチームの応援に行ってしまう人がいるほどだとか。

そして、長谷部誠選手の出身高校である藤枝東高校は、高校サッカーファンにとっては知らない人がいないほどの超名門校で、全国大会で何度も優勝を果たしています。

Jリーグへも数多くの選手を輩出しています。

藤枝東高校出身のサッカー選手

中山雅史:1998年フランス、2002年日本・韓国共催W杯日本代表

名波 浩:1998年フランスW杯日本代表

長谷部 誠:2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアW杯日本代表

河井陽介:清水エスパルス[J1]

遠野大弥:川崎フロンターレ[J1]

大井健太郎:ジュビロ磐田[J2]

まとめ

以上で、長谷部誠選手の実家はどのようなお家なのかをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

・長谷部誠選手の実家は10代続く旧家だった。

・実家のある藤枝市は熱狂的なサッカー都市だった。

現在、所属チームのフランクフルトでは出場機会に恵まれていない長谷部誠選手ですが、ここからもう一花咲かせることができるのか、期待したいですね。

新しい情報が入り次第更新します。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました