新庄剛志監督の気配りがやばい!?マナーや礼儀に厳しい?噂の真相を調査!

注目の人物

新庄剛志ビッグボスこと、新庄剛志監督。

北海道日本ハムファイターズの新監督に就任されました。

新庄剛志監督の気配りがやばい!?マナーや礼儀に厳しい?

新庄剛志監督の気配りがやばいというエピソードや、マナーや礼儀ついての噂の真相について調査しましたので、ご紹介します^^

新庄剛志監督の気配りがやばい!?マナーや礼儀に厳しい?新庄監督の気配りエピソードについて

 

80人分のって凄いですね・・・!

そういう心遣いってできそうでできない、けれど、本当に行動に移せるところが新庄剛志監督の凄いところです・・・。

また、新庄監督は選手時代の言動を見ていてわかる通り、裏表のない方だと感じます。

素直に行動できるって素敵ですよね!

気配りエピソードのネットの反応は?

また、直筆で書いてあるのも嬉しいですよね^^

本当に労ってくれてくれているんだなぁ・・・と温かい気持ちになります♡

新庄剛志監督の気配りがやばい!?マナーや礼儀に厳しい?新庄監督の気配りエピソードは軽食だけではなかった!?

「クライマックスシリーズがあるから、喋らない。」という気配り。

非常に計算しながら行動されている様子がわかりますよね・・・!

新庄剛志監督の気配りにネットでは大絶賛

ネットでは大絶賛の嵐です。

金の卵を獲得するも、なかなか磨ききれていなかった日本ハムファイターズ。

これからどう変革するか楽しみですよね・・・!

新庄剛志監督の気配りがやばい!?マナーや礼儀に厳しい?新庄監督のマナーや礼儀について

「彼、マナーにはすごくうるさいんですよ。僕が椅子に浅く座ってだらけていると『お前、キチッと座れ、人おんのに』って、周囲への配慮はもちろん、僕を思って言ってくれているんです。(森本)稀哲にもしょっちゅう『肘ついて食うな!』って注意していました。本人に失礼な言い方かもしれないけど、意外に “人として” ちゃんとしているんです。

文引用:FLASH 広沢好輝さん談

通訳を務めた男性によると、

あれはメジャーの開幕から2、3カ月が過ぎたころだったと思う。遠征先でレストランに入った時。

初めて経験するメジャーのタイトなスケジュールに疲れ切っていた僕は、無意識に片肘をつきながら食事をしていた。

テーブルに肘をついて食べるのは、米国でもマナー違反。僕の行儀の悪さを見るに見かねたのだろう。テーブルの向かい側に座る新庄さんは、長い手を伸ばすと僕の右肘を内側からパチンと払って、真顔でこう言った。「肘なんてついて食べるなよ!」

しつけの厳しいご両親のもとで育った新庄さん同様、僕の両親も行儀には口うるさい方だった。大人になってからも箸、フォーク、ナイフの持ち方など、テーブルマナーには気を付けていたつもりでも、疲労と気の緩みもあって、無意識のうちについてしまった肘を、新庄さんは見逃さなかった。

文引用:日刊ゲンダイ

新庄監督の会見では

「人間性は大事。人の悪口を言わない。いただきます、ありがとうございました、を言える選手を育てていきたいです」

マナーや礼儀、人としての基本を大切にしていることが伝わってきます。

新庄剛志監督の気配りがやばい!?マナーや礼儀に厳しい?

4日の就任会見後には「あのね、ボク嫌なんですよ。実は新庄剛志は礼儀正しくて(陰で)努力をしていることをバラされることが。あまり好きじゃない、そっとしておいて」とこれまで演じてきたスター・新庄剛志のキャラ変更に苦笑いしていた。

まとめ

以上、新庄剛志監督の気配りがやばいというエピソードや、マナーや礼儀についてのご紹介でした。

いかがでしたでしょうか。

新庄剛志監督お気に入りの旭川のカレー店や、目が離せない発言についての情報もご紹介しています^^

新しい情報を入手次第、更新いたします!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました