京阪沿線物語12話は最終話!ロケ地や感想を調査&ご紹介!

ドラマ

【京阪沿線物語】12話、サヨナラきずな屋、”おはようおかえり”

京阪沿線物語の最終話がついに放送されました・・・

京阪沿線物語の12話、こころの父が借金取りに追われ、きずな屋の権利書を巡って・・・ドキドキの最終回でしたね・・・!

京阪沿線物語12話の感想は?ロケ地とともにご紹介します^^

京阪沿線物語 12話最終話ロケ地

今回のロケ地は古民家きずな屋でした。

古民家きずな屋のロケ地はどこ?

古民家きずな屋のロケ地は埼玉県飯能市にある、Fululu古民家山岸邸~飯能の家~です。

アクセスや詳細はきずな屋のロケ地は関西ではない??場所やアクセスもご紹介!

潤、こころ、創介、番頭さんで逃げ隠れた「蔵」は?

引用元:https://www.fululukominka.com/blank-5

古民家きずな屋のロケ地となった、Fululu古民家山岸邸~飯能の家~の中に「蔵」があります。

こちらの蔵に4人は逃げ込む設定でロケがされたと推測されます。

4人が息をひそめあっているシーンの背景、格子状の扉が特徴的でした。こちらの蔵の扉の形状までは載っていませんでしたが、この蔵に逃げ込み、蔵の中のセットは別途撮影ということもあるかもしれません^^

京阪沿線物語12話(最終話) 感想は?

最初は京阪沿線のグルメ番組?と思いながら見ていたけれど、見れば見るほど続きが気になる、そこに描かれる人情話に温かい気持ちになるドラマでしたよね!

ネット上には終わってしまうことを惜しむ声がたくさんありました。

ぜひ続編・京阪沿線物語2が放送されてほしいです!

京阪沿線物語 意外な発見も!?

なるほど・・・「こころまちつくろう」になっているとは!

配役の名前にもメッセ―ジが込められていたのですね^^

まとめ

以上、京阪沿線物語の12話(最終話)の感想&ロケ地をご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました!

きずな屋のロケ地は関西ではない??場所やアクセスもご紹介!

 

 

キラリ麹の炭クレンズ生酵素

コメント

タイトルとURLをコピーしました