吉田麻也はキリスト教信者?噂の真相は?日本代表キャプテンの真相を調査!

スポーツ

オーバーエイジとして東京オリンピックで活躍した日本代表キャプテン吉田麻也選手。

中学校入学以後、体のケアのためにとファストフードや炭酸飲料などを避けているというエピソードがあるほどストイックな吉田麻也選手ですが、何とキリスト教信者なんだとか。

今回は、日本代表キャプテン吉田麻也選手は本当にキリスト教信者なのか調査してきましたので、ご紹介します。

吉田麻也はキリスト教信者?プロフィール

生年月日:1988年8月24日(33歳)

出身地:長崎県長崎市

身長:189cm

体重:87kg

所属:名古屋グランパス→VVVフェンロ(オランダ)→サウサンプトン(イギリス)→サンプドリア(イタリア)

名古屋グランパスエイトU-18時代はボランチ選手として攻守にわたって支える、チームの要といえる存在でした。

2007年シーズンから、層が薄くなったセンターバックにコンバートされ才能が開花し、第9節大分トリニータ戦で初出場を果たしました。

オランダのVVVフェンロを経由し、2012年にイギリスのサウサンプトンへ完全移籍すると、当時日本人のDFは活躍できないだろうと言われていたプレミアリーグで大活躍を果たしました。

2013年1月30日、マンチェスター・ユナイテッド戦では相手の香川真司と共に先発出場し、プレミアリーグ史上初の日本人対決を実現させ、日本のサポーターたちを熱狂させました。

2021-22シーズンの現在もイタリアのピッチでボールを追いかけています。

吉田麻也はキリスト教信者?真相を調査!

調査の結果ですが、吉田麻也選手はキリスト教でカトリックの信者だそうです。

そもそも、吉田麻也選手の両親がカトリックの信者だったそうで、スタジアム入る時にローマ教皇からいただいたロザリオを掛けて入っているとの発言もあったことから信憑性は高そうです。

自身のブログでも、友人が挙げた結婚式場について「大浦天主堂ってキリスト教でもそこに籍がないと結婚式挙げれんらしーよ。んで、幼なじみの次の日にそこで挙式したのがウチのにーちゃん。笑」と書いているので間違いなさそうですね。

吉田麻也はキリスト教信者?ローマ教皇との衝撃写真

2021年7月2日に自身のインスタグラムに衝撃の写真が2枚公開されました。

そこに吉田麻也選手と一緒に写っているのは、まさかのカトリック教会の最高位聖職者であるローマ教皇だったのです。

吉田麻也選手はスーツに身を包み、第266代フランシスコ・ローマ教皇とがっちりと握手をかわしていました。

吉田麻也選手は英語、イタリア語で「昨シーズン、僕のキャリアの中でももっとも素晴らしい瞬間があった。ローマ教皇、本当にありがとうございます」と綴り、日本語で「昨シーズン、貴重な経験をさせていただきました。フランシスコローマ教皇とお会い出来たのです。感謝!」と奇跡のような出来事を興奮気味に綴っていました。

まとめ

以上で、日本代表キャプテン吉田麻也選手は本当にキリスト教信者なのかをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

・両親もカトリックで自身もカトリック信者だった。

・第266代フランシスコ・ローマ教皇とがっちり握手を交わしていた。

吉田麻也選手はサンプドリアとの契約を2022年6月30日まで延長したとのことなので、第266代フランシスコ・ローマ教皇から貰ったパワーで活躍してくれることを期待したいですね!

同じく元日本代表の長谷部誠選手についてもまとめました。

新しい情報が入り次第更新します。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました